▪️ Tour of  WEROAD   episode 37▪️

 

冬の風が挟まれながら、秋が名残惜しいように長雨を降らせる池袋です。

Autumn rain with winter wind has kept falling as if it did not want to leave Ikebukuro these days.

 

 

 

西口側ゲートは、温かくて愛らしい描画と左官が施されていました。

It was done that heartwarming  plastered and painting at the west side gate.

 

 

最後の仕上げに入ったウイ・ロードの再生事業。ここ2週ほどで、床に接する傾斜したヘリの部分が徐々に壁に合った色彩を施され、その全長を網羅しました。このヘリ部分の描画は、床から継ぎ目なく空間全体に色が立ち上がってくるようなイメージを達成するため、植田さんがこだわりを持って仕上げた部分です。

The rebirth project of WEROAD has come to an end. The slanted edges at the bottom of the tunnel wall had been painted for 2 weeks and been completed finally. Ueda-san cared about this edge because she wanted to accomplish the image of colors risen up in whole the space without any gap from the floor(bottom) to the top of the wall.

 

 

そして、前回着手し始めだった西口側通路正面の大きな四角い壁面には、祝賀のように色の集合が。思わず息を呑むほど鮮やかで、そこが池袋の地下であることを忘れてしまいそうでした。全長77mの細く長いウイ・ロードに描かれた壁画は、日常の中のかすかな記憶や愛しい喜怒哀楽を刺激し、西口側正面の壁画は無重力で純粋なよろこびを運んできました。それは、掛け替えのない自分の日常と、その日常の気持ちを枯渇させないような特別な時間(非日常)とが隣りあっているようで、「ケ」と「ハレ」どちらも大切だと色が教えてくれたように感じられました。

And there appeared an aggregation of colors like celebration on the big rectangle wall of the west side gate. It was a breathtaking, and it almost made me forget it was at underground of Ikebukuro. The 77m-long-mural paint stimulates my faint recollections and lovely little feelings(both goods and bads), and the mural painting of the west side gate brings me the feeling of pure joy. The contrast that these 2 paintings had was like a comparison of my indispensable everyday life and my extraordinary/special moments. In Japanese traditional way of thinking, we used to categorize extraordinary/special moments as  “HARE” or “FARE”, which is boosting our energy for spending ordinary days, compared to ordinary moments as “KE” or “QE”. For me, these painting seemed to tell the preciousness of HARE days and also KE days.

 

 

ウイ・ロードは、色によって再生しました。私にとってウイ・ロードは、自由に色に共鳴し、また新しい自分に還る、そんな場所になりました。

Now WEROAD was reborn.

In this place, I can resound with colors freely and return to brand-new me. I wonder what kind of place it can be for you.

 

 

 

 

 

* ウイ・ロード内部のイメージは、77mある全長が5区画に分けられている構造に着目し、古代中国に端を発する自然哲学思想である五行思想になぞらえて、各区画を「木」「火」「土」「金」「水」のセクションに振り分けています。五行説は、この5つの要素が相互に関係し、その生滅盛衰によって天地万物が変化し、循環するという考えが基盤になっています。

−参照wikipedia五行思想より。

 

 

 

文 minayuzawa