▪️ Tour of  WEROAD   episode 36▪️

 

暖かい日差しの中にも時折冬のささやきを感じる池袋です。制作は大詰めを迎えています。

Wind of winter sometimes whispers in autumn’s fine sunlight here in Ikebukuro. Ueda-san’s work has finally reached the closing stage.

 

 

 

 

東口に続き、こちら西口側通路上部にも左官が施されていました。

Following the east side gate, there has been plastered also on the west side gate.

 

 

東口側の入口にはもくもくとした優しいスタイルのファサードが、西口側には滑らかなファサードと大きな長方形の白い壁があり、ウイ・ロードを行き交う人たちを迎え、見送っていきます。

A fluffy and friendly architectural facade on the east side, a big rectangle white wall and smooth facade on the west side are welcoming and seeing off all the passers of WEROAD.

 

 

 

通路内の壁面制作は全体的な微調整の段階に入り、主な制作場所は西口側通路真正面の大きな四角い壁面へと移りました。

Mural painting of the tunnel got to making minor adjustments, and the main place of artwork were moved to a big rectangle white wall of the west side entrance.

荒々しくずっと続いていく通路内の壁面に比べ、こちらは絵画のキャンバスのような長方形をしており、壁面は滑らかで下地もしっかりと真っ白に塗られています。

Compared to the wall of the tunnel which is rough on the surface and continuous, this wall is a rectangle and smooth on the surface with thick white background like a  canvas.

 

 

 

東洋思想の観点から全ての要素が表現された全長77mの隧道に向き合う場所にあるこの大きな壁のキャンバス。

You can see the big rectangle white wall facing to the 77-meter-long mural painting inspired by the Oriental philosophy that included all the 5 basic elements -wood, fire, earth (land), metal and water-.

3月から9ヶ月間、全ての場所に描いてきた最後だからこそこの場所に立ち上がる色彩が、少しづつ植田さんの筆を伝って芽吹いています。

After all the painting work for 9 months since March 2019, the final expression of colors are coming to sprout through Ueda-san’s touches there.

 

 

 

* ウイ・ロード内部のイメージは、77mある全長が5区画に分けられている構造に着目し、古代中国に端を発する自然哲学思想である五行思想になぞらえて、各区画を「木」「火」「土」「金」「水」のセクションに振り分けています。五行説は、この5つの要素が相互に関係し、その生滅盛衰によって天地万物が変化し、循環するという考えが基盤になっています。

−参照wikipedia五行思想より。

 

 

 

文 minayuzawa