▪️ Tour of  WEROAD   episode 35▪️

 

 

池袋は晴天が続き、空気にはしっかりと秋が染み込みました。

You can see the clear sky and feel autumn thicker and thicker in the air lately in Ikebukuro.

 

 

日暮れは早まり侘しさが増す中、植田さんはウイ・ロードの西口側入り口の制作真っ最中。

そこには、懐かしい春の初々しさや夏の賑やかさを思い出す色があふれていました。

While the sun set earlier and there increased “wabi” more and more, Ueda-san was painting on the mural of the west side gate of WEROAD.

And there was full of colors reminding me of reminiscent fresh spring and lively summer there.

 

 

入り口は通行する人を出迎えたり見送ったりする地点であり、長い隧道内部とはまた違った特徴があります。

隧道内部の荒削りな壁面やそれを際立たせる薄付きの下地に比べて、ここはしっかりと直線的で絵画のキャンバスのような下地が出来ています。

A gate is a place of meeting and seeing off the passers, and has different features from the long tunnel itself.

Compared to the inside of the tunnel that the wall is rocky and the background is thin, the gate has linear and thicker background like a big white canvas.

 

 

この目立つ地点に色とりどり活気があふれ、なんだか元気な挨拶をもらったような気持ちになりました。

There are full of many energetic colors and expressions at this conspicuous place, it made me feel warm feelings inside as if I got some cheerful greetings.

 

 

夜のとばりと隣り合わせでも、素敵なコントラストで楽しませてくれます。

When the veil of night came next to the wall, the contrast to each other entertains us.

 

 

一方、東口側の入り口は、まるで雲のような優しく楽しい曲線のファサードがお目見え。

黄色いグラデーションの背景に白くてふわふわしたアーチが捻れて、西口側とは全く違った、でも面白いおもてなしの活気に溢れています。

Meanwhile, at the east side gate, there appeared a fluffy, friendly, and cheerful-looking curvy architectural facade.

You can feel full of amusing and welcoming energy by the twisted white fluffy arch and a background with yellow gradation,

which is completely different from that of the west side.

 

 

このアーチは、ウイ・ロードの外と中の境界線に小さな楽しみを加えてくれる存在のように感じられました。

It seemed that this arch added a little bit of fun to the borderline between in and outside of WEROAD.

 

 

 

 

 

* ウイ・ロード内部のイメージは、77mある全長が5区画に分けられている構造に着目し、古代中国に端を発する自然哲学思想である五行思想になぞらえて、各区画を「木」「火」「土」「金」「水」のセクションに振り分けています。五行説は、この5つの要素が相互に関係し、その生滅盛衰によって天地万物が変化し、循環するという考えが基盤になっています。

−参照wikipedia五行思想より。

 

 

 

文 minayuzawa