その3

迷える騎手

 

マグリットは1898年11月21日、ベルギー南西部レシーヌという小さな町に三人兄弟の長男として生まれました。その後州内で何度か転居をしたものの、一貫して父は行商で不在がちで、母は重度の神経衰弱のため寝室からもほとんど出られない状態でした。

当の本人は弟と組んで町で悪戯を繰り返す悪童の評判があった一方で、絵画教室だけは熱心に通い幼少期より描画を好む一面もありました。両親の保護が薄く受け止めどころのない鬱積したルネ少年の感情は、弟との悪戯や絵画教室での描画表現の中に発散されていたのでしょう。

当時マグリットが幼馴染の少女と遊んでいた墓地で、ブリュッセルから来た画家に出くわし絵画の持つ力に圧倒されたというエピソードがあります。これは芸術そのものの力や円熟した表現の力を幼いルネ少年が目の当たりにし、少年時代に外の世界に見出した数少ない希望の一つであったかもしれません。

 

 

しかし、マグリットが13歳の1912年2月24日未明、神経衰弱であった母親が自室を抜け出しサンブル川に身を投げるという大きな事件が起こりました。2週後に川から引き上げられたとき亡き母の顔には着用していた白い寝間着が絡まっていたとされ、それはのちにマグリットの作品に度々出現する白い布に顔が覆われたイメージのもととして語られることになります(マグリット自身は関連性を否定していました)。

またそれからほどなくして14歳頃には、将来の妻となるジョルジェットに遊園地で出会い初恋を経験します。が、当時はすぐ離れ離れになってしまいました。1916年11月にマグリットはブリュッセルにある王立美術アカデミーに登録し1920年ごろまで断続的にクラスを受講しますが、自分を委ねられる確かな表現には当時出会えませんでした(10代後半から21〜22才頃)。

結局その後の1920年、友人に未来派の画集を見せられた際に大きな衝撃を受け、以降マグリットはキュビズム、ダダ、シュルレアリスムなどの近代美術へと傾倒し、本格的に画家としてのスタイルが研ぎ澄まされていきます。また同年にマグリットは14歳の頃離れ離れになった初恋のジョルジェットと劇的な再会を果たし、1922年に結婚、その後二人は45年に渡り生涯を共に過ごしました。

 

 

マグリットは、サラリーマンのような身なりで決まった時間に制作活動をし絵の具も一切こぼさないといったエピソードがあるほど、画家としては奇妙で個性的なスタイルを貫きました。この過剰に決まりきった彼の行動は、作品中の平坦な色彩表現やシニカルな視点とどこか共通するものを感じさせますが、その一方で作品の主張内容は文脈の突然の分断やグロテスクな表現・性に関するものなどショッキングです。

そういった過剰に抑えられた表現(行動様式も含め)と生々しく衝撃的な部分が微妙なバランスで混在する状態について考えるとき、マグリットの少年時代の終焉について私は思いをはせずにはいられません。

そもそも、マグリットの少年時代は、高い感受性を持って生まれたにもかかわらず最初に触れ合う人間である両親との心の絆が非常に希薄で不安定であったため、不遇ともいえるものでした。そしてその有り余る感情の意味について自分以外とは共鳴できる経験が非常に少ないまま、多感な時期を迎えていきます。

自分の自立や成長という変化が意識されるのとほぼ同時期に、母は苦悩の情動が溢れたままになり自死という悲劇的な結末を迎え、さらにその直後にマグリットは生の喜びを感じる初恋という両極端の感情を経験したのです。この一連の大きな内外の変化は、恐らく誰しもにとってそうであるように、少年から思春期を迎えるマグリットが自分一人の顕在意識で処理できるような感情の体験ではありません。その感情に、自分自身で名前をつけることすらも難しいはずです。

 

 

しかしその後成長し、マグリットは美術界では最終的にシュルレアリスムを見出し、しかも運命ともいえるように実生活でジョルジェットと再会も果たします。幼き日に圧倒された芸術の力と、母の自死直後に出会ったジョルジェットという、たった二つの光源に生涯抱かれながら、マグリットはやっと人生の本質的な意義に近づこうと試行錯誤をできたのではないかと私は考えます。ですからきっと、芸術なしのマグリット単体では、ただ山高帽にスーツを着用して取るに足らない匿名の男だと自笑していたのかもしれません。

生活も作品も、その全体を強く抑えたトーンで包み込み、その中で彼自身の本当の衝動を表現として発動させるということ。抑えた様式で慎重に主張を包む(取り囲むとも言えるかもしれません)という表現のパターンは、彼がそれだけ無意識には自分にも他人にも全方位的に無防備に感じ不安になっていた心境が推察されます。そう見えたとき、スーツに山高帽でユーモラスに振る舞うマグリットと、その奥に無限の悲哀や生々しい蠢きがある世界を引き連れているという二つがやっと折り重なって一つの人間の中に収まって感じられたのです。

 

マグリットの記念すべきシュルレアリスムの第1作目の作品と言われる「迷える騎手」。

 

 

ひび割れた不安定な舞台の上で、不条理な木のオブジェの中を疾走しているように見える人馬。もしこの騎手が迷っているならば、人馬一体の心はすぐに分離してそのあとは悲劇が待ち受けているでしょう。疾走する馬は暴走し、迷える顔のない騎手には不吉な結果となるかもしれません。自分が感じる不安や恐怖、困惑、しかしそれでも止められない衝動の力は、本当の人生なのかそれとも仕掛けられたお芝居なのか。

不遇の少年時代を経てジョルジェットとシュルレアリスムに出会い、この先は自分の内にある無意識を外の美術という世界に解放するだけという地点の扉の入り口に立ち、圧倒され途方もないマグリットの心境が映し出されているようです。

 

 

Reference

福満葉子(2015).『もっと知りたい マグリット 生涯と作品』.東京,東京美術.

 

 

(つづく)

 

 

 

 

文 minayuzawa