Image Alt

A r c h i v e

▪️ Tour of  WEROAD   episode 33▪️     季節はずれの猛烈な台風や大雨が大きな爪痕を残していく中、空気にも日々寒さが染みてきます。時折顔を見せる太陽の暖かさと、雨が引き連れる寒さが激しく交錯する池袋です。 現在、制作は池袋駅西口の北側で進行中。 トンネルを貫くテーマの、「金」「水」エリアに当たります。     ゆっくり眺めて見ると、ところどころに小さな金色の放物線のまとまりのようなものが視界をさっと横切ったり、おだやかなグラデーションがだんだんと小さな点になっていたり。     色彩の移ろいは、私に不思議な懐かしい気持ちを運んできました。 それは、小さな頃一人静かに、夕暮れとともに暗く変わっていく平野の景色を見た時のものでした。     どこまでが空で、沼で、木で、草で、私の指なのか。さっきまではあんなにはっきり分かっていたのにどんどん曖昧に変わり、最後真っ暗になる。太陽が地平の奥に去るごとに、全てが刻一刻と持っている色と温度を当たり前のように変えていく、小さな私にとっては不思議な時間でした。 見えていたものが見えなくなり、分かっていた境界が分からなくなるので、その頃は、「お日様がさようならすると、こっちのものも一緒に持って行く」と感じてましたが、真っ暗になって指と景色の区別がわからなくなるまで目を凝らして見続け、「うむ、わからなくなった」と確認して光の溢れる家に帰ることが、自分なりのけじめだと勝手に感じていました。     夕暮れの時間は、太陽の暖かさとそれを失う寒さや暗さが同居し、無数の色が煌めいて全ての景色の境界がぼやける時間。 それは今ちょうど私たちを包んでいる、秋から冬へと季節が変わる時の空気が持つ厳しさと似たもののように感じられました。     ずっと遠くに冬の足音を聞いたような気がしました。       * ウイ・ロード内部のイメージは、77mある全長が5区画に分けられている構造に着目し、古代中国に端を発する自然哲学思想である五行思想になぞらえて、各区画を「木」「火」「土」「金」「水」のセクションに振り分けています。五行説は、この5つの要素が相互に関係し、その生滅盛衰によって天地万物が変化し、循環するという考えが基盤になっています。 −参照wikipedia五行思想より。       文 minayuzawa

▪️ Tour of  WEROAD   episode 32▪️   植田志保さん、平日は毎日制作をしております。                 青に滲む金色。                 ときおり、ぽつぽつとあらわれる赤い色。     絵の具が容器の中で混ざり、このまま絵葉書にもできそうです。       白い布切れに残る刷毛の跡は、植田さんの遊び心でしょうか。     垂れる絵の具は何を意味しているのでしょう。 同じ色は一つもなく、同じ垂れ方をするものも一つもなく。       * ウイ・ロード内部のイメージは、77mある全長が5区画に分けられている構造に着目し、古代中国に端を発する自然哲学思想である五行思想になぞらえて、各区画を「木」「火」「土」「金」「水」のセクションに振り分けています。 *五行説は、この5つの要素が相互に関係し、その生滅盛衰によって天地万物が変化し、循環するという考えが基盤になっています。−参照wikipedia五行思想より。       文 中村晃士

▪️ Tour of  WEROAD   episode 31▪️     ウイ・ロードの再生は着々と進んでいます。     今週末、ウイ・ロードの再生が始まって、二度目の台風でした。     壁からは水が滴り、まるで涙のようにも見えます。     こうしてウイ・ロードが育ってくるのを見ると、生きているような気もしてきます。     長い隧道の中を歩くと、色はこんなにあるんだと、あらためて感じました。       台風の去ったウイ・ロードの西口側。 秋の太陽の強い日差しが照りつけていました。         * ウイ・ロード内部のイメージは、77mある全長が5区画に分けられている構造に着目し、古代中国に端を発する自然哲学思想である五行思想になぞらえて、各区画を「木」「火」「土」「金」「水」のセクションに振り分けています。 *五行説は、この5つの要素が相互に関係し、その生滅盛衰によって天地万物が変化し、循環するという考えが基盤になっています。−参照wikipedia五行思想より。       文 中村晃士

▪️ Tour of  WEROAD   episode 30▪️     ウイ・ロードの西口入口の製作準備も始まっています。 左官屋さんが試作品を作ってくれています。     写真だと少しわかりにくいかもしれませんが、淡い桃色でしょうか。 これもできあがりが楽しみです。     今週からウイ・ロードの製作は西口側の北側に移ります。     植田志保さんがたまに腰掛ける丸椅子。         倉庫に積み重ねられた使い終わった丸いパレットの山。 ウイ・ロードにたくさん色を重ねてきた軌跡です。     * ウイ・ロード内部のイメージは、77mある全長が5区画に分けられている構造に着目し、古代中国に端を発する自然哲学思想である五行思想になぞらえて、各区画を「木」「火」「土」「金」「水」のセクションに振り分けています。 *五行説は、この5つの要素が相互に関係し、その生滅盛衰によって天地万物が変化し、循環するという考えが基盤になっています。−参照wikipedia五行思想より。       文 中村晃士

その1 名前、イサム・ノグチ   私がイサム・ノグチの作品を初めて見たのは、子どもの頃祖父母のマンションの一室でだった。 リビングルームは洒落た祖母の趣味で小さな粒が詰まったシャンデリアがぶら下がっており、その奥にい草の香りが心地良い畳と剥き出しの赤松で出来た柱が目を引く和室があった。イサム・ノグチのアカリシリーズの丸く和紙の張られた大きな照明は、そこにひっそりとぶら下がっていた。 祖父母の家に泊まるときは必ずこの和室で寝たものだったが、むき出しの赤松の手触りとアカリの優しさはずっと心に残っていた。 それがイサム・ノグチの作品だとは当時の祖父母自身からも教えてもらわなかったが、子供心にホッコリと丸く光る提灯のような照明には独特な個性を感じていた。   刺繍 二宮佐和子 Sawako Ninomiya   それから40年近く経ったある日、私は二宮佐和子さんの刺繍作品(WORLD FAMOUS AtoZ)と出会った。 二宮さんはAからZまで一文字ごとをアーティストの名前の頭文字に当てがい、例えばGならゴッホ、という具合に象徴的な刺繍を白いシャツにほどこす作品群を発表している。それをたまたま見つけ眺めていたところ、作品の一つであるイニシャル I のシャツの胸元に目が止まった。 そこには不思議な純真さと力強さを兼ね備えた目力のあるオジサンと彼の代表作らしき魔術的とも言えるオブジェが綺麗に刺繍されていた。純粋であるが常識的な彼の姿と魔術的なオブジェが相まって、なんとも奇天烈で楽しい空気感を醸し出し、私は二宮さんのこの作品にとてもワクワクした。そこから彼がイサム・ノグチであることを知った。私は展覧会に足を運び、香川のイサム・ノグチ庭園に行き、あっという間に大ファンになり、あの祖母の部屋にぶら下がっていた照明が彼の作品だと気づかされるに至った。 私はイサム・ノグチという表記が気になりその人生を紐解いてみて、様々な困難があったことを知った。彼は詩人である日本人野口米次郎とアメリカ人女性レオニーの間に生まれたものの、奔放な父親米二郎からあからさまに拒絶されるという体験をしている。 成長し一時期は医者になろうとしたこともあったようだが、芸術家としての才能を見出され、日本とアメリカ、そして最終的には世界を股にかけて芸術活動に邁進しながら生き抜いたのだった。実生活では父親とは厳しい関係にあったが、芸術家として彼は一貫して父親のルーツである日本の文化が持つ美意識に共鳴し、深く触れ続けた。 当時の時代背景もあり、アメリカにいれば日本人の血が入っていると言われ、日本ではアメリカ人の血が入っていると拒絶され、思うような芸術活動ができないことも多分にあった。 幼い私を照らしたあのアカリシリーズも、彼の切実な美意識の探求の結晶の一つであったのだ。 今もなお、日本人の私たちからも野口勇ではなく「イサム・ノグチ」と認知されている彼。文化の狭間で切実に美を追求し続けた彼の存在自体をイサム・ノグチという表記が体現しているように感じる。野口勇でもなく、ノグチ イサムでもなく、イサム・ノグチなのである。 次回は具体的に生い立ちと作品を振り返りながら、イサム・ノグチという人間に迫りたい。       Reference ドウス昌代『イサム・ノグチ--宿命の越境者(上・下)』講談社,2000年. 四国新聞社編『素顔のイサム・ノグチ 日米54人の証言』四国新聞社,2002年.                 文 中村 晃士        

▪️ Tour of  WEROAD   episode 29▪️     ウイ・ロード の南側の壁に、毎日淡々と色を描き続ける植田志保さん。     南側のほぼ中央には、青や黄色の丸い形をしたものが、何かの象徴のように描かれています。       灰色だった壁に色がついていく様は、新しい生命を吹き込まれているようでもあります。     植田さんは、この隧道から聴こえてくる声に耳を澄ましています。     ときに塗られる金色もとても印象的です。     ウイ・ロード再生事業は少しずつ完成に向かっています。       * ウイ・ロード内部のイメージは、77mある全長が5区画に分けられている構造に着目し、古代中国に端を発する自然哲学思想である五行思想になぞらえて、各区画を「木」「火」「土」「金」「水」のセクションに振り分けています。 *五行説は、この5つの要素が相互に関係し、その生滅盛衰によって天地万物が変化し、循環するという考えが基盤になっています。−参照wikipedia五行思想より。       文 中村晃士

▪️ Tour of  WEROAD   episode 28▪️   いつもより今年は早く過ぎ去ろうとしている夏が、池袋にも別れを惜しむようにジリジリと照っています。 南側の壁画制作は、「雑司が谷隧道」のプレートが置かれたちょうど真ん中に達しました。     そしてそのプレートの横に描かれているのは、暖かく優しい光のような黄色とそれを精一杯受け止める草木のような描画でした。     トンネル構造のウイ・ロードは光が入りずらく実際に薄暗いだけでなく、戦後ヤミ市などのイメージも引きずり、物理・心理両面に暗さが迫る場所でした。 そう考えると、ウイ・ロードが持ち合わせてきた「暗さ」は、時代の濁流に飲み込まれ流れついた人々の心、ひいてはきらびやかに発展した戦後東京の影をも象徴していたかのように思われました。     そして、ちょうどその中央に今、色の力で優しい光がもたらされました。 闇があるから輝く、色の光です。               * ウイ・ロード内部のイメージは、77mある全長が5区画に分けられている構造に着目し、古代中国に端を発する自然哲学思想である五行思想になぞらえて、各区画を「木」「火」「土」「金」「水」のセクションに振り分けています。 *五行説は、この5つの要素が相互に関係し、その生滅盛衰によって天地万物が変化し、循環するという考えが基盤になっています。−参照wikipedia五行思想より。       文 minayuzawa

▪️ Tour of  WEROAD   episode 27▪️     植田さんは、壁をじっくりと眺め、目を細め、しばらくすると、手に持ったパレットの上で色をいくつか混ぜ合わせます。     すると、いとも簡単に新たな色が生まれるのです。 いつ見ても、その色の出現の仕方に驚いてしまいます。 まさに感覚的に出現した色が、必要な場所にまさに必然であったかのように塗られていくのです。     植田さんはハケについた絵の具を拭うのに服を使うので、服は絵の具だらけになっています。 それがたくさん色を使った勲章でもあります。     ウイロード の壁を見ても、パレットを見ても、植田さんの服を見ても、色たちが躍動しています。     ただ色たちを混ぜているように見えるのですが、どこを見ても美術作品のように見えるのが不思議です。             * ウイ・ロード内部のイメージは、77mある全長が5区画に分けられている構造に着目し、古代中国に端を発する自然哲学思想である五行思想になぞらえて、各区画を「木」「火」「土」「金」「水」のセクションに振り分けています。 *五行説は、この5つの要素が相互に関係し、その生滅盛衰によって天地万物が変化し、循環するという考えが基盤になっています。−参照wikipedia五行思想より。       文 中村晃士

▪️ Tour of  WEROAD   episode 26▪️   ウイロードを通ってみるとわかりまが、同じコンクリートの壁でも北側と南側で違います。 ごつごつと含まれた石の分量が多い北側に比べ、南側は石はあっても少量で、どちらかというとすべすべした肌触りの壁です。       なので、この南側の壁に絵を施していく作業は以前の北側のときとも違ってきます。     壁と向き合い、静かに色を重ねていく植田志保さん。     柔らかい色が少しずつ灰色の壁に命を吹き込んでいくようです。     絵の具は時には壁にとどまり、時には重力のままに垂れます。     池袋の喧騒の中、雑司ヶ谷隧道に色が満ちていくのがとてもすてきな営みに感じられます。           * ウイ・ロード内部のイメージは、77mある全長が5区画に分けられている構造に着目し、古代中国に端を発する自然哲学思想である五行思想になぞらえて、各区画を「木」「火」「土」「金」「水」のセクションに振り分けています。 *五行説は、この5つの要素が相互に関係し、その生滅盛衰によって天地万物が変化し、循環するという考えが基盤になっています。−参照wikipedia五行思想より。       文 中村晃士

▪️ Tour of  WEROAD   episode 25▪️     残暑に入った池袋は、時折カーテンがかかるようにふわりと優しい雨が降っては湿度が上がり夏の日差しと熱気を盛り上げています。     今取り掛かっている(東口方面向かって左側の)区画は8月いっぱいまでの期間で行われており、これをもって「木」「火」「土」「金」「水」のうち、「木」と「火」の一部が左右壁と天井にぐるっと立ちあがることになります。     かしましいネオンサインやスピーカーの広告とビル群で包囲されている池袋駅前で、まるでそのまま地下へ掘削されたかのようだった以前のウイ・ロードはコンクリート一色でした。しかし今は、植田さんの描画の特徴である抽象的な表現がその内部に広がり始めたことで全体に漂っていた陰気が掃け、新しい風が通り始めているように感じます。     訪問した日は夏休みでたくさんの子供たちがウイ・ロードを通過していました。その中で時折小学生くらいの男の子たちが、トンネルを歩きながら片手をあげて天井の絵をなぞっているように遊んだり、時にはピョンと小さくジャンプをして色を掴もうとしているような、元気で愛らしい仕草をしていました。それより小さな子供たちも、「色がいっぱいー!」とワクワク喜んで植田さんに話しかけてくれるようです。     自然の恵みや力強さを感じさせるような「木」のエリアから、軽やかな風や空気の振動である音の息吹を思い出させるような「火」のエリアへ制作がうつり、全身で美術のエネルギーを歩きながら楽しめる道が少しずつ伸びています。                     * ウイ・ロード内部のイメージは、77mある全長が5区画に分けられている構造に着目し、古代中国に端を発する自然哲学思想である五行思想になぞらえて、各区画を「木」「火」「土」「金」「水」のセクションに振り分けています。 *五行説は、この5つの要素が相互に関係し、その生滅盛衰によって天地万物が変化し、循環するという考えが基盤になっています。−参照wikipedia五行思想より。       文 minayuzawa

その4 光の帝国   過去三回に渡り、マグリットの美術の足跡を私の視点で書いてみました。マグリットの作品が持つ独特な虚しさと生々しさのバランスは、彼の人生を紐解くにつれその心の不確かさ・不安・複雑さをそのまま写しているように見え、作品への理解が深まった気がしました。 しかしその気持ちも、気がつくとほんの一瞬何か接触できたかというような刹那的な手応えにすぎない、どこか騙されたような気持ちが残ります。 この、不確かという歯がゆさが引きずる重たい感情が、今はマグリットの作品のシグネチャーのようだと感じます。なぜかというと、この「確かな不確かさ」は、彼の作品の一貫したテーマだからです。     1954年『光の帝国』   絶対的な昼の象徴である青空を背景に佇んでいるのは、日頃見慣れた大樹の影です。一瞬の違和感は脇に置きながら目線を大樹の下に走らせると、そこには部屋から漏れる明かりと街灯が水面に映され、夜の景色が広がっています。 どれも主張することなく質素に表現され、逆転した両極の世界を淡々と背負っています。昼夜がわかりやすく混在するこの作品の中にある大きな違和感「ねじれ」は、不確かさという違和感を生み、見ているこちら側の心を漠然と揺さぶります。 これだけ確かで見慣れたもので構成された作品でも、昼と夜の景色が同居している、たったそれだけで人の気持ちは違和感を覚えるものだとこの作品は教えてくれます。     1953年『ゴルコンダ』   雨粒が一旦停止したように空中に立つ大量の男性。マグリットも自分の象徴としていた山高帽をかぶっており、匿名の男性たちです。 しかしよく見ると、建物の陰からこちらを伺うような人もいたり、髭をたくわえた人もいたり、ポケットに手を入れている人もいたりと、全く同一のフィギュアではないことがわかります。 そしてその奥には広がる山脈ならぬ集合住宅。この集合住宅は、煙突や窓が途切れて隣り合う建物同士に継ぎ目が見えず、住宅とは見せかけだけのようです。 巨大なアパート群、ラッシュアワーの魚群のようなサラリーマンの流れ。この二つは両方とも、極めて匿名性が高く、また、現代社会の産物でもあります。 上昇も下降もせず等間隔で空中停止した匿名の男性たちの行く末や、思わず気が滅入ってくる偽物の集合住宅について真正面から考え始めるとただただ絶望感だけが心にしみてきますが、この作品のユニークなところは、空に人がいるという突飛な発想や全体のバランス良いデザインが、共感を遮断しこちらの思考を麻痺させるところです。青空と住宅と人とが色形ともバランスよく配置され、どことなくユーモラスにさえ見えます。絶望的な状況か、ユーモラスな雰囲気に身を任せるか、心に流れが生まれないまま気持ちが二極化しそうになります。 タイトルであるゴルコンダは、16世紀から17世紀のあいだ約170年間だけインド南東部に存在した王国の名前で、その国は芸術・建造物・ダイヤモンドで栄えたそうです。 そんな刹那的なゴルコンダ王国の存在は、正誤や善悪を飛び越えるマグリットの世界観と共鳴しているように感じられ、私はたとえ理不尽でも滅びようとも今はどうなるかと案ずるなかれと説得されているような不思議な気持ちになります。 結局、説得されて鎮静する気持ちと本当にそれで良いのかという危機感がずっと同居する状況というのは、集団の中にいる宿命のような体験なのです。それをタイトル含め作品全体で何層にも渡って感じさせてくれる作品です。     この世は白々しく、確かなものなんてない、刹那的なもの。だけれどもそれは、絶妙なバランスやユーモアを伴って今目の前で確かに存在する。彼の作品からは、そんな不条理な世を生きる者の飾らない声が聞こえてくるようです。マグリットの作品の中に出てくる素材は、空・山・鳥・虫・人・住宅・・・どれもありふれていて、表現は晩年になるにつれ素朴になっていきます。 その素朴でありふれたものたちの奇妙な組み合わせが、どれ一つ自意識過剰でなく全体として不確かさや不条理さを奏でていることは、彼の表現に対する純粋さ・忠誠心・自己顕示欲の無さに通じているようです。ありふれた素朴な現実に埋もれる不条理をじっと心の目で見つめて、絵画という表現に昇華させたマグリット。彼はもしかしたら制作の際に無意識をより大きく解放しやすくするために、美術表現のために日常生活をあえて抑圧的にしていたのかもしれません。 そして自分の無意識を忠実に作品に込めた彼の美術に対する忠誠心のおかげで、私たちは自分の感情というチャンネルを用いて彼の無意識の断片とこうしてずっと繋がり続けることができるのです。   期せずして本稿を脱稿した8月15日はマグリットの命日でした。       Reference 福満葉子(2015).『もっと知りたい マグリット 生涯と作品』.東京,東京美術.     (おわり)         文 minayuzawa        

▪️ Tour of  WEROAD   episode 24▪️     太陽が素知らぬ顔で唐突に夏を運んできて、光と熱気でむせ返る東京の池袋です。     天井と同様 壁画制作も東口から西口側へと進行していますが、壁は天井と違い左右2面あります。 7月いっぱい東口の入り口向かって右側の(池袋駅前公園方向にある)壁面で制作し、8月に入りその向かい側(池袋駅に近い方の)壁面へと制作場所は移っていました。     当初描いていた側の壁は凸凹が激しく、植田さんの描画もそれに対峙し噛みしめているような力強い印象を受けましたが、こちら側はスパッと機械的なツルツル肌も多く、特徴的な下へと流れ落ちる描画はスムーズな線を描いていました。     絵の具の流れも筆のタッチも、まっすぐなコンクリートのキャンバスです。     しかしそのような部分が全てではありません。相変わらず凸凹とした場所ももちろんたくさん見られます。 ウイ・ロードは人工ですが、左右が非対称で再現性もない自然のような作りで、とても個性の強い隧道と言えます。     第二次大戦後は、家や家族、自分の体や健康などかけがえのないものを失い、魂に傷を負ったたくさんの人々がここに流れ着きました。     凸凹と荒々しく、左右非対称の道 ウイ・ロード。 その姿は歴史そのものを体現しているようでした。       * ウイ・ロード内部のイメージは、77mある全長が5区画に分けられている構造に着目し、古代中国に端を発する自然哲学思想である五行思想になぞらえて、各区画を「木」「火」「土」「金」「水」のセクションに振り分けています。 *五行説は、この5つの要素が相互に関係し、その生滅盛衰によって天地万物が変化し、循環するという考えが基盤になっています。−参照wikipedia五行思想より。       文 中村晃士